将来のお金の不安

将来のお金が不安で仕事もイライラ、シュミレーションしていくらかかるか計算

将来かかるお金のことが不安で仕事中もイライラして集中できない…なんて思ったことはありませんか?何年も働いているのに上がらない給料にうんざりしている人もシュミレーションしていくらかかるか計算してみましょう。

将来のお金に感じている不安


大量の一万円札

とにかく今の生活を維持するだけで精一杯でこれ以上給料が上がる見込みもないし、貯蓄が全然増えていかない…と悩んでいませんか?

将来のお金のことに不安を感じている人は多く、20代から50代までそれぞれ年齢によって違う視点でお金に対する悩みを持っています。

20代なら親の支援がなくなることや奨学金の返済、30代~40代は子供の学資や住宅ローンの返済に悩んでいる人が多かったです。

●将来のお金に不安を感じている男女10名にアンケート

大量の一万円札
給料が少ないことや子供や老後への貯蓄など将来のお金に不安を感じている男女10名にアンケートを回答してもらいました。

兵庫県在住:ITオペレーター:もけもけさん:男性:35歳の将来のお金に対する不安
一人当たりの年収が300万円くらいに低く

妻と二人暮らしですが、一人当たりの年収300万円行くかいかないかであるくらいに低く、共働きでなければ生活が成立しません。

将来的に子供が欲しいと考えていますが、妻が産休をとるとなると生活が成立せず、養育費も確保できない不安があります。

理想は専業主婦または主夫として子供と密に時間をとり、子供にはのびのびと学んでいけるだけの環境を作りたいのです。

現状では不可能で昇給する予定もお互いなく、かなり切実と言えます。積み立て貯金をなんとかしていますが、まだ50万円を超えていない現実があります。

お互い年齢も高くなってきたので早く子供が欲しいのですが、どうしても将来的なお金の不安で先に進めません。

千葉県在住:専業主婦:あみこさん:女性:24歳の将来のお金に対する不安
息子たちに十分な教育資金を準備できない

現在、一歳の息子と主人と三人暮らしで妊娠中の専業主婦です。関東の賃貸が広さを求めた時、家賃があまりに高く、マイホームを購入しました。

今は主人の稼ぎのみなので、貯金はなくギリギリな生活ではありますが、どうにかやり繰りしています。

息子がいてもうすぐまた一人産まれるという状況で、息子たちに十分な教育資金を準備してあげられるのかをとても不安に思っています。

正直、今の日本の政治に不安を抱いているので教育費や医療費、セカンドライフのためにお金を貯めていきたいです。

息子たちにお金で苦労させる幼年期を送らせたくないというのが今の悩みですが、自身の学歴で正社員に復職できるかも定かではないので、不安でたまりません。

徳島県在住:専業主婦:kmさん:女性:38歳の将来のお金に対する不安
世帯収入がかなり減り貯金ができなくなり

地元へUターンするにあたり、予算の都合から中古住宅を購入しました。少しリフォームされていたので、購入時のそのままの状態で住んでいます。

今のところ不便はありませんが、築40年くらいの物件なので近い将来必ず建て替えが必要になります。

問題になるのが、都会で働いていたときより世帯収入がかなり減ったことです。以前に比べるとほとんど貯金ができなくなりました。

これからの生活で建て替えの費用と老後のための資金が工面できるのかがとても不安です。貯金も目減りしています。

夫婦どちらかが病気になった時や手術が必要な時に不安があります。夫婦共働きでも以前の三分の二程度の収入なのでかなり生活はきつくなりました。

東京都在住:ジムインストラクター:塚岡さん:男性:24歳の将来のお金に対する不安
今のままの収入ではとても足りるとは

現在スポーツインストラクターとして働いております。収入は25万円ほどです。その前はシステムエンジニアとして3年間働いておりました。

給料自体はあまり変わりません。不安な事ですが、将来結婚して子どもが出来た時に今のままの収入ではとても足りると思いません。

何をする事で収入が増えるのか…はたまた上に立てるのか…その経験もありません。実際に結婚したとしてどのようなところで出費が重なるのかも解りません。

解らない事だらけな事が不安なんだと感じております。1人の子どもの養育費が1000万円とたまに耳にします。

多くの家族がそれだけのお金を本当に用意できているのでしょうか?何十年かかるのだろうと感じます。

滋賀県在住:介護事務:和尚さん:男性:50歳の将来のお金に対する不安
介護事務の給料が安く貯蓄ができない

介護事務の給料が安い為、貯蓄がほとんどできないことです。ボーナスは必ず出ますが、車検や自動車税、自動車保険等の大きな出費用に残しておくしかありません。

生命保険の出費も大きく負担になりますが、入院経験があり、その時に一日一万円保険金が下り、大変助かった経験があります。

保険のレベルを下げるわけにもいきません。自動車購入時のローンは5年間あり、出費は続きます。

このような中で年金の支給額や支給年齢の引き上げがあるだろうと思うと大変不安で、その為に貯蓄が必要とわかってはいます。

それでも貯蓄に回す余裕がなく、将来の不安につながっています。出来れば、個人年金保険に加入したいと考えています。

海外在住:主婦:みまるさん:女性:39歳の将来のお金に対する不安
親から支援があるような家が羨ましい

去年まで日本語教師としてほぼフルタイムで働いていましたが、現在主婦の傍らほとんどお金にならない日本語の家庭教師を週3日しています。

旦那は今はある程度大きな企業で働いていますが、この国の定年は早いために、あと何年働けるかわかりません。

子供は1人なのでまだ少しは助かってますが、家のローンや教育費などを考えると不安です。

貯金はしていますが、何とか現金化できるお金は数百万円しかないし、様子見て家のローンを返すことにも当てたい。

まずは、中学生の子供が大学生を卒業するまでのお金お工面していくのに精一杯なんじゃないかと思います。

老後のお金まで考えると本当に先が思いやられます。親から支援があるような家が羨ましいです。

千葉県在住:SE:まるをさん:男性:41歳の将来のお金に対する不安
住宅ローンで給料のほとんどはなくなり

小学生の子供が二人いますが、大きくなるにつれてお金がかかるようになってきたことに加え、住宅ローンもあるため給料のほとんどはなくなってしまいます。

毎月生活していくのがやっとで、貯金する余裕がありません。会社の給料はとても安いため、やめていく人も多いです。

ですが、私は他にあてがないのと家族がおり、これ以上のリスクを避けたいと思うため、今の会社で頑張っています。

妻は看護士で現在はパートで看護士をしています。パートなので給料もおこづかい程度です。フルタイムで働けばだいぶ違うと思います。

まだ子供が小学生なのでなるべく子供の近くにいたいと思ってパートにしています。このままだと老後の生活がとても不安です。

神奈川県在住:Web系のアルバイト:だうにさん:女性:51歳の将来のお金に対する不安
夫の世話の為に時間もすり減らす毎日

現在夜勤でタイピングのアルバイトをして生活しています。私の夫は10歳上のアメリカ人で結婚当初から資産を持っていません。

本来の怠け者の為、結婚から2年経った現在も仕事につかず、私の収入のみで賄っています。夫は浪費癖もありいくら注意してもダメです。

繰り返しすぐにお金を使いきってしまうので現在の収入が月30万と一見余裕があるのに毎月赤字になっています。

私は結婚前に夫の生活費の為に貯金も使い果たしかなり親にも迷惑をかけてしまいました。また借金もあるので月々の支払いもしなければなりません。

このままでは貯金もろくにできず、私自身も若くはないのでいつ何があるか分からず、夫の世話の為に時間もすり減らす毎日が続いています。この先が不安です。

東京都在住:学生:みあさん:女性:20歳の将来のお金に対する不安
学校から借りた奨学金を返さないと

現在は学生であり、就職活動中です。就職については当たり前ですが、現段階で一人暮らしをしているのですが、金銭的にも精神的にも親に頼ってばかりです。

そのサポートは社会人になったら受けられないと言うことがわかっているため、不安が大きいです。

もちろん、就職して自分が稼いだ資金で生活するつもりではいますが、親からの支援が一切ないことを考えると、自分が完全に1人でやっていけるのかが心配です。

また、学校から借りた奨学金を返さないといけないということもあり、金銭面ではかなりの不安要素があります。

貯金も一応少しですがしています。しかし、それだけでは到底足りません。何年かかるのか、またきちんと返せるのかという不安もあります。

福島県在住:フリーランス:ふじおさん:男性:48歳の将来のお金に対する不安
会社員ではないので厚生年金がないこと

会社員ではないので厚生年金がなくて65歳からの受給額が少ないことです。現在の収入はあり貯金もありますが、自分が何歳まで生きられるのかは誰も知りません。

貯金はいつまでもあるわけではないのでとても不安です。元気なうちに稼ぐしか方法はありません。周りの人達も頼りないのであてにはしていません。

自分の身は自分で守るしかないので、お金があれば生きていけるのが世の中だと思います。病気になるのが怖いので体には気を付けています。

自分はお金には恵まれた方だと思いますが、他の人があまり恵まれていない感じに見えます。

入るお金よりも出るお金が多いとお金は貯まりません。老後は余裕がある生活をしたいのが理想ですが上手くいくか分かりません。

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー
 
継続性のある収入を得たい人