男の人

スムーズに進めるマンション売却|ポイントを押さえよう

  1. ホーム
  2. 住まいの権利

住まいの権利

集合住宅

借主と貸主の法律です

不動産の中でも借地権に関する相談が年々増加しています。借地権とは、他人の土地に自分が所有する建物を建てても良い権利を指します。土地を持っている地主は、借地権のおかげで好き勝手に不動産を売買することができません。固定資産税は地主が払っているのに借主から入ってくる収入が少ない場合には、地主の負担が多くなります。また、借主はせっかく建てた建物を地主の都合で取り壊さなくても良いよう法律に守られています。どちらかといえば地主よりも借主の立場を守る法律で、いつまでに返却するのかは貸主と借主との間で個々に決めているため、一定のルールがわかりにくい内容でした。以前の法律ではこの借地権の期限がわかりにくいため、新しく借地借家法が施行されています。これは貸した土地が地主に戻らないといった相談を解決するために改定されています。最低でも30年は借地権の存続期間を設けることになっています。30年を過ぎると地主は借主と再契約などの相談をすることができます。借主は借地を地主に売ってもらう事ができたり、家の増改築の申請をする事も出来ます。借地権の期間中は勝手に建物を売る事ができなかったり、名義人が変わると地主に承諾料を支払うケースもあります。さまざまな要素がからんでくるため、借地権の期限が来る前にしっかりと相談して、地主にも借主にも負担の掛からない契約をしましょう。契約がうまくいかない場合やトラブルに発展した際には裁判所が間に入り対処してもらうこともあります。